よくある質問

顔そりをすると毛が太く、濃くなるんじゃない?

いいえ。濃くはなりません。
ご自分で腕や足の毛を剃った時のイメージがあるかもしれませんがお顔に生えているのは柔らかい産毛ですので剃っても濃くはなりません。
また女性のためのお顔そりは毎日同じ場所をガリガリ剃る男性の髭剃りとは明らかに違います。
プロのシェービングは剃る道具や剃る技法・剃る加減で女性に最適なキレイで正しいシェービングを提供できますのでご安心ください。

剃刀でシェービングって・・・痛いんじゃないの?

ここは私たちプロの熟練した技の見せ所。肌を一切いためることなく剃刀を用いて滑るように産毛を剃るのが仕事です。
刃物を当てられているとは思えない滑らかな動きはお客様から驚かれます。
ただし元々のお肌が敏感になっていて刺激を感じる場合もありますのでご利用されるサロンへお肌の状態をお伝えください。
状況によってはシェービングを行わない場合もございます。

自分で剃るのとプロのシェービングの違いは?

道具の剃刀のが違うので当然仕上がりに差が現れます
理容師が使う刃物は一枚刃と呼ばれる洋剃刀で両面に刃がついていて小鼻や目元の際や耳たぶなどあらゆる部位の産毛のシェービングを自在に行えます。また肌の辺りも極端になめらかに肌を傷つけずに剃りムラなくキレイに仕上げます。

シェービングする人って資格が必要なの?

理容師の国家資格を持ち、保健所の認可(理容所登録)のサロンのみ剃刀を使ったシェービングが認められています。

男性の髭そりと同じものを使うの?

男性と女性では毛質が違うので、カミソリも女性専用のものを使用します。
レディースシェービングでは、デリケートなお肌に負担がかからないようお顔そりに使用する石鹸やシェービングジェル・プレケア、アフターケアの使用する化粧品・タオル類にいたるまで女性専用をご用意しているサロンがほとんどです。

脱毛とシェービングってどう違うの?

脱毛施術の種類にもよりますが、どちらが良い悪いは一概には言えません。今、この場で結果を出したい!などの即効性を求める場面、着物を着るのでえりあしをきれいに処理したいなどの細かい部分の美しさを求める場面ではシェービングが適していると思います。

ニキビがある場合のシェービングは?

炎症などがある場所を避けてシェービングさせていただきます。
ただし程度にもよりますのでご予約時にサロンへご相談ください。
お顔そり自体はニキビの予防になりますのでお肌が落ち着いたら是非定期的なお顔そりをおすすめいたします。

お肌が敏感肌だけどシェービングできる?

お肌に負担をかけないように、シェービングをしますがお肌の状態を見た上でシェービングするべきではない。 と判断する場合もございます。
ご自身でお使いの化粧品を持ち込むことが可能なサロンもございますのでご予約時にご確認ください。

妊娠中でもシェービングはできますか?

大丈夫です。安心してお任せください。
妊婦さんやお腹の赤ちゃんに負担が無いように施術いたします。
予約時にその旨をお伝えください。

体調や持病、アレルギーで施術を受けられないことはありますか?

ほとんどの場合は、大丈夫ですが、心配な場合は、予約時にサロンへご相談ください。
また体調が悪い場合には回復するまで控えて下さい。

カミソリの刃はどのようなものですか?

プロ用の剃刀を使用します。
サロンにより替え刃、日本剃刀などありますが、替え刃でない場合でもお客様お一人ごとに消毒しておりますので、衛生面でも安全です。

どれぐらいの頻度でお顔そりすればいいの?

肌のターンオーバー(28日周期)に合わせてお顔そりをすることで健康的なうるおいのあるお肌になるといわれています。
「お顔そりは月に一度のキレイの習慣」と覚えていただくと便利です。

メイクのりが良くなるって本当?

本当です。お顔そりをすることで、顔の表面を覆っていた産毛がなくなるので余分な産毛に乗っかっていた分のファンデーションが不要になり少量でも伸びが良く、ピタッと密着。
眉もガイドができて描きやすくなりメイク時間の時短につながると好評です。

透明感が生まれるって本当?

日本人の産毛は黒い色素が入っています。その部分がなくなるので肌本来の色が現れると共に古くなった角質層をやさしく取り除き、たっぷりの水分補給と保湿を行いますので、お肌がワントーン明るくなりツルツルもっちりのお肌になり透明感が出たと実感していただけます。