logo

あなたのお近くのお顔そりサロンを探してみませんか?

 全国のサロンを検索

ウェルカム令和!こんなに変わった!私たちとお顔そり。

毎日実際にサロンに立ち…女性のお顔そりを担当する女性理容師のリアル座談会です。今回は平成の30年間や昭和の理容室を振り返り、新しい時代「令和」への展望などをトーク形式でお届けいたします!

新しい時代「令和」がスタートしましたね!平成の30年間でお顔そりや理容室もかなり変化があったと思うんだけど皆さんどうですか?
以前は「理容室=男の人」のイメージが強くて
入るのに躊躇してた方が多かったと思うんだけど
平成で「女性のお顔そりメニュー」を始めて
理容室に女性のお客様が増えて
「カットもお願いします!」って方も増えてますよ!
そうそう!平成の初期と終わり頃じゃ
かなり違うよね。
お客様から良く言われるのは
「女性のお顔そりをアピールしてるお店が増えたよね!」
って事!あと商材の進化もすごくないですか?
昭和時代や平成の初期はまだ女性のお顔そり専用の
化粧品もほとんど無かったけど
今は男性でも敏感肌の方は多くて
そんな方へも安心して使えるサロン用化粧品もたくさん
出てきたよね!
かみそりやタオル、シェービングブラシ等も肌に優しい専用のものがたくさん出ています。技術面もすごく優しいタッチに向上してますよ!
昔昔に理容室で剃って「ヒリヒリした」とおっしゃる方は
再びチャレンジして欲しいですよね!
ほんとビックリされる方が続出してます!
私も「平成のお顔そり」は圧倒的に優しいタッチに変化したと思います!
私はもともと美容師をしていて、その後 理容師になったんですが、お顔そりがこんなにお肌に良いって知りませんでしたし実感も出来てます。
「かみそりで行うエステ」だと思って優しい施術を心がけていますよ!
結果、うぶ毛も古い角質も取れて、もちもちの素肌になるもの!
あー!それですね!!
お顔そりは平成の30年間で「お肌のケア」に変わって行きましたよね!
昭和の時代は「うぶ毛を剃る」って部分に重点的だったと思う!
あっ!ちえさん!!この前はお客様をご紹介くださってありがとう!お客様は「お顔そりに行って来るね!」とご主人に伝えるそうなんんですが、ご主人も理容室で定期的にお顔そりをしてるから、「ああ!お肌のお手入れをするんだね!行っておいで~!」と伝わりやすい、とおしゃっていました。良いことだね!
その節はお世話になりました!これからもお客様をよろしくお願いいたします!
※注 しのさんは北海道在住、ちえさんは徳島県在住です。お顔そりサロンnaviを使ってお客様をご紹介し合いました。
そうそう!私のお友達も関西から広島に引っ越しされて、きしこさんのサロンを紹介させて頂きました!
とても喜んでいましたよ!これからも彼女をよろしくお願いします!
はい!おまかせください!
こんな風に平成はインターネットがすごく発達したよね!
なので遠方に住んでいても日本各地でお客様を紹介し合ったり、
お客様側も転勤等で他県へ引っ越しの際に「どこかお顔そりの出来るお店、ご存知ないですか?」って聞かれる方が増えたよね!
そこで私たちの「お顔そりサロンnavi」が大活躍。
これも平成時代の大きな変化、進化だと思う!
ところで新しい「令和時代」は理容室やお顔そりはどんな風に変化~進化して行くと思いますか?
「髪結い床」って昔から「街の情報が集まる場所」で
「寄合所」みたいな役割があった、って聞くし
理容室でしか出来ない「お顔そり」エステだけどエステサロンとも違った良さ!もっと皆さんに気軽に気楽に感じて頂けたらいいよね!
うんうん!私も「良き昭和」の「地域の輪(和)」となれる
理容室はずっと継承して行きたいなあ!
技術面では「ソフトなお肌のケア」、もっとお客様一人一人に寄り添える場所でありたいと思いますね!
理容室は幅広い年代の女性が気兼ねなくご来店できる場所になるといいな。実際、人生の先輩方からは色々な事を教えて頂けるし!
私たち理容師側も、さらに技術・知識・おもてなしを向上して
優しくてお肌をキレイに整える場所、安心して行けるお店を増やしたいですね。
お客様それぞれのニーズに合うよう、癒しも感じて頂けるようなお顔そりをして行きたいな
令和ではきっと「AI」が様々な仕事をするようになるよね?
お客様の肌に直接触れる仕事、直接お会いしてコミュニケーションが取れる仕事って、とても価値のある仕事になると思います!
お顔そりの仕事って、そんな仕事だと思いますよ。
うちのお店は認知症の方もお顔そりに来られるんだけど(ご家族の方が付き添ってます)お顔そりをした日はすごく調子良くて、認知症の症状も軽減しているように思う…ってご家族の方から毎回報告があります。
「手でお肌に触れる」ってきっとそんな力もあるのかも…
私たちの仕事は「皮膚を触って癒す」仕事なんだよね。
理容の仕事って、肌も心も整えるんじゃないのかな!
「肌に触れる仕事」って限られてるし、令和の時代は「タッチケアがいかに心を豊かにするか」が伝わって行くといいな!
AIですか…!確かにこれかたは人手不足の時代ですものね。
令和はAIが人間の代わりに出来る仕事がどんどん増えてくるでしょうね。
AIが人間を超えるかも??と予測されているのは2045年と言われているみたいだよ。
手仕事、大事にして行きたいですね!
手仕事でお客様の心も癒せるって素敵!!!
そんな特別な時間、非日常を味わって頂きたい。
「士」のつく仕事からどんどんAIが代わりにやって行くようになる、って聞きました。「師」のつく仕事はこれからも「人の手がやっていく仕事」なんだって。
私たち「理容師」はまさに「師」のつく仕事。自分たちにしかできない魅力の情報発信も令和ではどんどんやって行かないとね!
昭和は「お店を開けているとお客様がご来店された時代」
平成は「お店側がブログやSNSで発信を始めた時代」
令和は「客様側がついつい自ら発信しちゃう時代」
になるかな?!
お客様が自ら発信!いいですね~~~!
そうなったら嬉しいな!
「ついつい呟いちゃう」的なネ!
それにはまず、私たちからの発信も大事だね!
情報発信も「一人の力じゃ限界があるけど…」
こうやって私たちが集まって発信するって大きいよね!
「みんなで発信して行くって楽しいよね!
毎週のリレーブログみたいに共同での発信や、この新コラムみたいに色々出来たら面白いね。
お客様のニーズって「リラックス、リフレッシュ、リセット」
それが叶う空間と癒しの会話。
そして「ここに来れば何か新しいものに触れられる。」ってそんな部分なんじゃないかな!?
それには女性理容師の存在って大きいのかも!!
令和のこれからは「それぞれの得意分野を尊重し合ってつながる」みたいな…
いろいろシェアし合って、お客様とも情報交換、情報共有、心豊かな時間づくり…
新しい時代のスタートはまずこんな感じかな!